9.宇宙人のような彼と暮らすには

彼との生活は 私の人としての器の小ささを思い知らされる。 器が小さい小さい。 だから、彼は器の外の人で 行動、考えてること、思ってること、まったくもって想定外 意味わからん。 宇宙人って感じだった。 いいことも、悪いことも いいことは、ただただ嬉しくて こんなこと初めてーーーーーっ すごいーーーーって きゃーきゃー とはしゃげて幸せ。 でも、 反対に悪いことは 彼が悪魔のように感じる だって、私の器の外にあるようなこと。 それって極悪って印象 犯罪とかの極悪ではないけれど、 私にとっては、こんなにも傷つけられることがあるのかと。。。。 嘆く。 苦しむ。 なんでだろうな。。。 彼もそうだったんだろうな。 当然、その当時は彼の気持ちを感じてあげれる余裕なんてなかったけど。 一緒にいてるとき、それは一方通行? 彼の気持ちも考えも聞くってことをしていない気がする。 なんでそんなことするの? とは言葉で発しても、 聞いていない。 耳をかさない。 決めつけてた。 こんなだから、こんなことをしたんでしょっって 宇宙人のように感じる彼と一緒に暮らすには 結婚の 定義? 概念? の話し合いが必要なんだね。 結婚とは。。。。 ってむつかしい感じじゃなく、 こんな結婚生活がしたいんだーって夢を語り合う感じで。 そして、お互いに望む結婚生活の違うところを知り、そこは あーだ。こーだ。こうしたい。あーしたい。って 楽しく話す。 それができると良かったな。 子供について。 仕事について。 いろんなことを、夢を語るようにお互いに思っていることを話すことで お互いの価値観がわかっていき、 違いも想定内になっていく。 何かが起こっても、想定内なら対処がしやすい。 どんな些細なことでも、想定外ならもーパニックで大変なことになる。 こんな結婚生活がしたいんだー。 じゃ、それにはこれが必要だね。あれが必要だね。 そうするには、こーしたほうがいいね。あーしたほうがいいね。 じゃー、こうしてよ、あーしてよ。 そうして、相手が何を考えてるのか分かってきて、 何かが起こっても、こんなふうに思ってこんなことをしたのかな なんて、理解しようと思えるよね。。。 相手を知るってことは 本当に大切だね。 自分のことをわかってもらうことも大切だけど、 それ以上に相手に興味を持って理解しようとすることが何よりも大切だね。 相手の立場になる。 相手の気持ちになってみる。 それってむつかしいけど、 知ろうとする。 理解しようとする。 っていうのは誰にでもできる。 それは本当に本当に大切だね。