5.結婚するって決める

もう一度彼に会いにドミニカに行き、 彼の家族、親戚、友人に紹介してもらって、 彼は本気なんだぁって 結婚するって本当だったんだって そう思って、 そうなんだぁー 本当なんだぁー やったーーーっ 嬉しいーーー そうなんだぁーーーーーー そっかーーーーっ て思って、 じゃぁ、私、結婚するっ!!! て決めた。 でも、今、振り返ると、 私がドミニカ共和国に再度、彼に会いに行ったから、彼は決意したんだと思う。 もし、行かなかったら、結婚はなかったんだろうなって思う。 だけど、私はそんな風にそのときは思ってなかった。 私が確認しに行くことで彼は決意し、そして結婚をすることになった。 それってすごいことだなと今の私は思う。 もし、確認しに行かず、日本にいてたとしたら私はどうなってたんだろうって思う。 まず不安に飲み込まれていただろう。 プロポーズされたけど、、、 あれってなんだったんだろう。 本当なのかな。 じゃ、これからどうしたらいいんだろう。 本当に信じていいのかな。 結婚するつもりでいてていいのかな。 ただ、その時だけの、責任のない言葉だったとしたらどうしよう。 って すごく不安で、不安で、すごい大きなストレスを感じる時間を過ごすことになっていただろう。 友達に相談しても、 きっと、そんなん信じたらダメよ。 って否定的な答えが返ってきただろう。 応援してくれるのではなく、反対されただろう。 当然、友達は私のことを思ってのことだとは思うけど。 もちろん、すぐに結婚を選択するのではなく、時間をかけて2人の関係性を築いていくこともできるだろうし、色んな道はあると思う。 ただ、私は結婚をするという目的を達成するには一番の近道を選んだことになるんだと思う。 今、改めて 『確認』 とても大切なことだと思った。 自分サイドでいくら あーだこーだと思いめぐらしても、 自分以外の人の考えや思いは本人にしかわからない。 知るには確認する以外にない。 自分で勝手に、「こうにちがいない」と思い込んで 勝手な判断で何かに対して決心することは難しいし、 まず何よりも、独りよがりでしかない。 一人芝居が始まる。 自分の人生の中でのトラブルってこの確認作業をしなかったときに、 思い込みや早とちりで何かをしてしまったり、言ってしまったりしたときに 問題が発生する。 不安を感じたとき、 一番最初にすることは「確認」なのかもしれない。 自分の気持ちの確認 そして 相手の気持ちの確認 すると物事や人に振り回されないで、自分が舵取りできるんですよね。 そのときは、そんな分析ができてたわけではなく、本能的にしたんだけど 自分ながら、その行動力に驚く。 その時の私の原動力はなんだったんだろう。 『愛』 なんだろうか??? そのときに、『愛』ってあったのかな??? 『夢』 があったのかなぁー 『好奇心』 かなぁ。。。 ワクワクして、夢中な感じ。 『恋』 ですかね(笑)