23.パパと息子の再会

子供はパパと会った時、前から歩いてくるパパに対して全力疾走で走って走ってパパに飛びつく。 すっごい会いたくって、嬉しいんだろうな。 でも、子供にパパに会いたい?って聞くと「会いたくない」って言う。 なんでだろう?って思ってた。 小学校になって、自分の気持ちを言葉で表現することがだんだん出来るようになってきて、 なので聞いてみた。すると 「パパとママが喧嘩するから。喧嘩を見たくないから 会いたくない。」と言われ、 泣きそうになった。。。。 「もう、一緒に暮らさなくなったから 喧嘩することがないから大丈夫だよ。 会いたいときに会えばいいよ」って ようやく言えた。 なんと長い期間、子供は我慢してたんだろう。とても可哀想なことをしてたんだって 大きく反省。 そんな子供とパパとの再会が2年ぶりにやってきました。 日が合わなくて、 再会はなぜか子供の授業参観日。 体育の時間。 授業中なんだけど関係なくやってきて、子供を抱っこ?抱きしめてた 「大きくなった!!!」って。。。 そして、授業参観だから、保護者も一緒にドッジボールってことで なので、ドッジボールをして、、、(笑) へんなのー 感動の再会って感じがなく(笑) 参観が終わり、子供とパパと私と3人で食事に行った。 そして、子供はパパに 「パパはなぜママを叩いたの?」と聞いた。 「たたくのはよくないと思う。」と言った。 子供の中で解決できないで、心の中に溜まってたことなんだろうな。。。 突然で、私はめっちゃビックリした。 きっと、彼もそうだろう。 とても驚いたと思う。 でも、パパはパパなりにちゃんと子供に話をしてた。 意味が分かったかどうかはわからないけど、 子供はパパにそれを言えたことが重要で、すっきりしたようだった。 その時、子供は小学校2年生。 凄すぎる! 本当にすごいなって思う!! 子供は親が思っている以上に大人だよね。 ちゃんと知ってるよね。 それは、本当にすごいよね だから、信頼すべきなんだよねーーーー 心から、大丈夫だと信頼すべきなんだよね。 だけど、なぜか、「宿題をしなさい!」 「早く寝なさい!」 とか、めっちゃ言ってしまう 信頼してたら、ちゃんとするんだろうなー 本当は、、、 だけど、待てないんだよねー つい、口から言葉が発してるんだよねー これは良くないね。。。。 子供は自分で体験して学んでいくことがとても大切で、 自由でいると、自立をして自らすすんでちゃんとするらしいんだけど、 なぜかその自立を邪魔してしまうのよね。。。 いかん。いかん。 子供の能力は素晴らしく、自分で考えて自分で選択して行動を取ることで 限りなく能力を発揮して素晴らしい人になるらしいです それを親バカで心配性で。。。 つい甘やかししたり、おせっかいなことをしてその才能を壊してるらしいです。 わかっちゃいるんだけど。。。 少しずつ、少しずつ口うるさいのを減らしております。。。 息子へ もう少し待ってねーーーー(笑)