18.彼と2回目の結婚

病院には行かなかったけど、何かと労災保険の件だとか、 なんだかんだと色んな手続きの件は私のところにやってくる。 そのへんは、嫌かどうかじゃなく、もう仕方がないと諦めていて 義務として私はするけど。。。 彼は私とやり直したいと言う。 だけど、一緒に暮らしている彼女との子供が産まれてくるんでしょーーーーっ それって、どう受け止めていいのか、 そして 彼は何を考えてるんだか。。。。 これもさ、 私と彼との価値観?常識?考え方が違うんだよねー 私とっていうより 日本人的って思うけど。。。 使いたいくない言葉だけど 「中絶」って 彼の中には存在しない言葉なんだろうね。 子供を育てることの責任って言うのも違うんだよね。 結婚もそうだけど。 なんか、あまりにも常識が違う。 そして、彼女にはなんの話もしてなくて 話し合いが全くできてなくって。。。。 何がやり直すだっ 理解できないっ! そしてまた喧嘩になる。 私は 何をしてるんだろうねー 彼女とは、冷たくはっきりと捨てるように別れて欲しかったんだ。。。 彼女よりも、誰よりも、私が一番だってことを 私なりの方法で証明してほしいんだよね。 それじゃないと納得できない。 今は、それは意味のないことだってわかるけど、その時はすごくそこにこだわりがあった。 本当に私はやり直したいのか??? 彼とやり直そうって思うのは それは愛からなのか、執着からなのか。。。 問題に目を向けるとうんざりだし、絶対に嫌だって思う。 でも 楽しいことに目を向けると、彼っていいのよね。 楽しいだけにコミットすれば彼は最高なのよね。 でも、現実的に考えると 楽しいだけではあかん って思うから やっぱりダメなのよね。 別に楽しいだけでも良かったのかも。。。 ほんまに??? 彼とは相性がいいって言うのか何かが居心地よく、楽しく、、、 これさえ乗り越えれば、あとはうまくいくって 本当によく何回も思った。 だけど、これさえって言う これってなんだったんだろう。 その時は目の前にある表面化されている問題、 浮気が、仕事が、お金が と思っていたけど、 実は違うかったんだろうね。 何か、目に見えていない、内面的な問題だったんだろうな。 それはなんだったんだろう? いくつかあると思う。 まずは 「こだわり」 「限定」または「頑固」って言うのかもしれない。 こうじゃないとイヤ。 思い描いた通りじゃないと困る。 視野が狭く、違う視点で物事を受け止めれない。 そして私が正しい。って思って、相手が間違っている。ってなる。 そんなん、常識やん!って。。。 次に 嫌われたくない。よく思われたい。 だから断れなかったり、我慢したりして犠牲者のようになる。 そしてこんなに頑張ったのに、って見返りを求めて、見返りをくれないと激怒してた。 その見返りも自分の望んだものじゃないと認めれない。 それって 自分ながら ちょっと最悪。 そして 楽しみ方をしらない。 それは自分を大切にする方法を知らない。ってことになるんだろうな。 私のこの問題点を解決するためには彼という存在が必要だったのかもね。 どんなにひどいことを言って喧嘩しても彼は私を愛してると言い続けてくれた。 私が一番だと。 彼は私のものだと、何も心配はいらないって言ってた。 でも、 その意味が私の思ってるものとなんか違うんだよね。 いつもながら。。。 カウセリングを受けながら、心理学も勉強しながら少しずつ気づきがあり解放されていく。 そしてさらに自分が大きく変化することに期待で胸をふくらませながら 彼との関係性の修復に努め、 問題は抱えたままだったけど、 これを乗り越えればと、またそう思いながら もう一度、彼と結婚することにした。