15.浮気

楽しい彼だから色んな友人が出来ていき、そして仕事を紹介してもらった。 大阪から滋賀県へ単身赴任(笑) そこには多くの南米の方々がいてるようだし、心配はいらないと思い、肩の荷がおりた感じだった。 『週末婚』 だけど、それは彼が週末にクラブに行って楽しんで、朝帰り?昼前にやって来て、ぐっすり眠って滋賀へ帰る。 そんな週末婚。 それって週末婚って言うのかな? 私が思い描くものとは大違い。 だけど、彼が言うには、私に会いたいという気持ちがなければ、わざわざ来ないって、滋賀へまっすぐ帰るって言うんだけど、 素直じゃない私は、寝るために来てるだけって思っちゃうわけです。 それでイヤミなど言ったりして、、、 そして楽しい時間がなくなったりしてた。 私の趣味は『彼との喧嘩』っていうくらい、いつも喧嘩になる。 困ったもんです。 だけど、 だけど、 疑いではなく、発覚するんですよね 浮気 が。。。 私が世界中で一番不幸な人と感じた時です。 これが初めての経験なんですー。 浮気されたって知るの。。。 胸が張り裂ける こんなに傷つくことって他にあるの??? 私はとにかく一番不幸な人になってた。。。 別れるのか別れないのか 許すのか許さないのか 別れると思っても、別れることができるのか 許すって思っても、許すことができるのか 許したいのか許したくないのか、 別れたいのか別れたくないのか 何もわからない。 ただ 悲しかった つらかった とにかく、自分が一番不幸な人で、そこから抜け出せなかった。 だから 泥沼へ突入することになった。 すぐに答えを出す必要はないんだけど 自分の気持ちをしっかりと感じてあげて、答えが出てくるまで待っててあげればよかったのに、 一生懸命に謝る彼を前にすると、許してあげたかった。許すべきとも思った。 でも、自分の正直な気持ちを大切にすれば良かったのに。。。 どうしたいのか、はっきりと自分で感じて話し合いができるようになるまで、時間をかけてよかったのに。 そうなるまで彼に待ってもらえばよかった。 それが待てないのであれば、それはそれで良かったんだ。 そう思えなかった。 彼が離れていくのも怖かった。だから答えを焦った。 いろんな選択肢があったのにね。 反省してるんだったら、許してあげる。って 大人な対応をしたかった 物分りのいい人になりたかった。 「男が浮気して当然とクールにいたかった。 でも、本当は全然違うのに、無理してそんな態度をとろうとするから めちゃくちゃになっていった。 私が崩壊していった。 ただ、「今は無理だから、もう少し待って」 と言うだけで良かったのにね。