私と同じ嫌な思いをさせたくなくて

セッションを受けていただいた方の体験談

私はどちらかというと「負け組」の方にいてます。
何か特別に優れた能力があるわけでもなく、
美人でもなく
持てるわけでもなく、友達が多くいてるわけでもなく、
そして、
とても悔しい思いや、悲しい思いや、傷ついたりすることも多い人生で、
そんな思いを自分の子供にさせたくなくて、
幼少のころから英会話、ピアノ、バレーなど数多くの習い事をさせてきました。
色んな事にダメ出しして
食べ方ひとつ、キレイにこぼさず食べないと叱ってました。
勉強もよく出来ないと許せず、テストの点数が70点でも褒めてあげることが出来ませんでした。
私はただ、
子供に辛い思いをさせたくなかっただけなのですが、
ただ、幸せになってほしくて
幸せになるには学歴が必要だとか、こうするべきだと言う条件があって
その通りでないと幸せになれないと思っていたのです。
でも、そうではないことに気付きました。
子供の夢を
聞いているようで、そうではなく「弁護士」と言わせてたことに気付きました。
私は本当は子供が何になりたいのか実は知らないのです。
子供が何かを決めることはありえなかったのです。
完璧な状態になるために、とても努力をしてきました。
完璧にはなれないことは許せなかったのです。
けれど、完璧になる必要はなかったのですね。
今からでも子供との関係性を修復することを頑張ってみます。