感情のコントロールが出来ない

たった3時間で悩んでいた夫婦関係の根本原因がわかる?!
そして新婚の頃のように100年愛され続ける
新婚へタイムワープ
魔法のパートナーシップ コーチの小松照美です

これまで1000人以上のセミナー参加者の
満足度は毎回95%以上という高い数字を出しています。

あなたは自分の気持ちを相手に伝えることなく  心の内におさえ込んでしまい、  我慢してしまうことはありませんか?    そして、何かのはずみで、  それが些細なことであったとしても  以前のことを含めて不満をぶつけてしまい、  相手を困惑させてしまう……。    相手にしてみれば、  なぜ今頃文句を言われるのか理解できない。    あの時は何でもなかったのに、  と逆に不満が生じてきます。    その不満から喧嘩になってしまい  お互いに傷つけあうことになる。      そして、あなた自身も、  どうして過去のことをぶり返して  不満を爆発させなければならない  精神状態になってしまうのかが  不可解なのです。    止めたくてもコントロールが出来ない。  爆発してしまう自分に自己嫌悪になり  自分を責めたりしても  なんの改善もみられない。    どうしようもないこんな感情は  どうして起こるのでしょうか?        それは、    子どもの時から、  親に何も言えずに我慢して育ったからです。      それは  怒られるから  怖くて言えなかった。  と  親が厳しかったからとは限りません。    自分が親に愛されているという  安心感がない。  満たされる感覚がない。    だから  思ってることを言えなかった。    我がままになると思って我慢した。    迷惑をかけると思って我慢した。    お姉ちゃんだからと我慢した。    幼少時代に親との関係で多くのことを我慢して、  耐えながら苦しんで育った場合    感情表現が苦手で  上手く表現できずに  溜め込んだものを爆発させてしまう  そのような事になってしまいます。    これを  一人で頑張って改善しようと思っても  多くは上手くいかないです。  幼少の時からの癖になっているので  プロのサポートが必要とします。    そのまま  自分で頑張っても、  結局、パートナーや子供を傷つけるような事に  なってしまいます。  それは  どんどんエスカレートしていきます。  頑張れば、頑張るほど関係性は壊れていきます。    以前、わたしもそうでした。  とっても感情表現が上手く出来ず、  犠牲的で、我慢して、  苦しかったです。    でも、簡単に変化できる技術を習得してからは  そのような苦しさを体験することがなくなりました。    感情のコントロールが出来るようになりたい方は  ご相談ください。  とても簡単に出来るようになれます。      

                 ↓↓