息子から教わった、いじめと捉えるかどうかは自分次第 捉え方で人生の方向が決まる

息子から教わった、いじめと捉えるかどうかは自分次第
揺るぎのない自己

ライフ・メンテナンス・アドバイザーの小松照美です。

私の息子は中学1年生

小学校5年の途中からいじめが原因で

小学校の卒業までは学校に行かなかった。

 そう、不登校です。
(チームは変わったけどサッカーだけは続けてた。それもすごい!)

学校へ行かなくなった、その間に、色々と心の成長をして、

本当に揺るぎのない自己が形成されていった。

当然、完璧ではないが、
予想以上の成果で、心は健康そのものです。

 

中学生になり、中学校へは普通に生き始めました。

が、学校へ行くのが

めっちゃ楽しいみたいで、

嬉しくって楽しくって仕方がないようで

大はしゃぎしすぎて、
クラスメイトからはうるさいと うざがられてるようで


それで、

クラスのLINEのグループに
息子だけが招待されてなくて入れていないようです。


ですが、

子供は、「俺だけグループLINEに入ってないねん。」

「それが、あること自体知らんかった!」

って

明日は朝礼で早く行かないといけないのを知らなかったくらい。

ケロって話すので


私の方がビックリして

えっ????

そ、それで???

と動揺。。。

「いや、今からまた入れてもらうわぁ~」

「別にどっちでもいいし。」

って

「でも、なんで?」

って聞くと

「俺、はしゃぎすぎて うるさいねんて」

ってケロって言ってます。

大きな心の乱れがありません。


そうです。

グループLINEに入れてもらえてなくっても、


それをどう、捉えるかは自由なんです。


いじめと思うか、どうか。。。


しかし、

そこまで、揺るぎのない自己が形成されているとは


素晴らしすぎでしょっ!!!



そして、

楽しんではしゃいでると うるさそうにされるから


「じゃぁ、お前らは何したら楽しいん?」

「それをしようやっ」て言うと


「別に無い」って

言うらしく、


「そしたら、俺は俺の楽しいことをするわ!」

って言うと


うるさがられなくなってきてるそうです

 

なんか

凄すぎるっ!

 

感心させられ

尊敬しちゃいます!!!

 

楽しそうにしてるだけで

ねたまれるのか、邪魔者扱いするんだなぁーって


それがいじめになるのか?


バカバカしい


そんなことで いじめられ傷ついてしまうことが


本当にバカバカしい。


そう思った

 

だから、


傷つく必要のないことで傷ついてるかもしれない。


犠牲になるのはやめたいね!


本当にそう思った。

自信をもてるようになりたい

心のトラブルから解放されたい方はこちら

メニュー
予約はここをクリック


子育てで役に立つコミュニケーションの取り方をメルマガで書いていきます。