子供の才能を伸ばす「しつけ」とは?

しつけ と 常識

 

ライフ・メンテナンス・アドバイザーの小松照美です。

 

子育ての中で、

「しつけ」は必要だと思いますが、

その「しつけ」の基準は何をもって「しつけ」としているのでしょうか?

 

多くの方は「常識」を重んじてると思います。

では

常識ってなんでしょうか?

 

アルバート・アインシュタインは、

『常識とは18才までに積み上げられた先入観の堆積物にすぎない』と言ったとか

 

すると常識は

自分の育った環境下で自分が取り入れていった固定観念になるのでしょうか?

それを価値観って言うのかな?

では、それぞれの価値観、つまり常識があるってことですよね?

 

子供に、常識って名目で自分の価値観を押し付けてることになってないでしょうか?

 

子供の価値観を尊重出来る親になりたいって私は思っています。

 

私は夢を見ていると、よく言われます。

いつまでも子供みたいにそんな夢をみて、と

現実を見るように、

大人になるよう言われます。

 

でも、皆さんにこの

夢を諦めずロケットを作っているTsutomu Uematsuさんの動画を見てほしいのです。

思い続けると叶うよってお話です

感動的です。

そして子育てで何が大切かを再認識できました。

http://www.youtube.com/watch?v=gBumdOWWMhY&sns=em 

 

どうせ無理って 人間の自信と可能性を奪う言葉だって。

どうせ無理ってやめましょう!

そして

だったら、こうしてみたら?

って言って夢を叶えるために考えることをしましょう! 

そして夢を叶えるために生きることを教えていきましょう!

 

そして

親のあなたも、そうしませんか?

では、どのように子供と話せばいいのでしょうか?

コミュニケーションスキルを上げたい方は

↓↓↓



傷ついた子供の心を癒したなら→セッションの流れ