子供の今年の3大ニュース

子供に今年の3大ニュースを聞いた。 1.Soltiloと言う本田佳祐プロデュースのサッカースクールとの出会い。 2.そこで、ハットトリックしたこと。 3.ドラゴンボールの映画を映画館で見れたこと。 えっ???? そうなん??? 私は、 てっきり、 いじめがあったから、それを克服したこと とか、、、 それ関係かと思ったけど。。。 ちがうかった なんで?って思ったから なので聞いてみた 学校の件は? あーっ 別に って言って終わった。 えっ??? そうなんだっ それにこだわってるのは 私なんだ。 いじめの件が大変だったとか それを克服したのがすごいとか そんなことを思っているのは 私だけなんだ。 子供はもう、その出来事は なんでもないこと? どうでもいいこと? 重要なことではないこと? なんなんだろう? ただ、 心に大きく存在していないのか 三大ニュースの中には入らないようだ。 私のように 深刻になるのが好きっていうか、 深刻になりやすい私は そのいじめのあったことに執着してるっていうか、 こだわってるっていうか、 まだ、そこに留まってるっていうか、 私だけが、取り残されたような気分になった。 前に進めてていないっていうか、 前を見ていないっていうか、 それは、頭が固い?古臭い? なんやろうな。。。 そんな私に気づけたわ いやーっっ びっくりした 余韻に浸ってたんや。 そんな大変な出来事があってサーーーーって ドラマの余韻に浸ってたんだ。。。 そうやって、過去に目を向けているんだなって、 本当に気づけたよ 良かった。 ありがとう! 本当に克服したら、それに目が向かないっていうか、 意識しないっていうかね。。。 克服した 克服したって思っている間は まだ、何かが自分に問題点があるんだろうな。。。 そうして、 また、問題点に目が行き、結局、その問題から抜け出せなくしているのかもね。 きゃーっ こんな癖はなおそうーーーーっ