セッションを受けて 不登校、アダルトチルドレンも解決した


ライフ・メンテナンス・アドバイザーの小松照美です。

ステキな体験談をいただきました。

自分が過干渉であることも、アダルトチルドレンであることも気付いていませんでした。

家事が嫌で、


子供は好きだけど子育てが辛く


自己嫌悪で苦しかったんです。


そして子供が不登校になり、私が悪いんだと責めていました。


そして、同じクラスの保護者の方も皆が敵って思えて

誰にも相談できずに悩み苦しんでいました。


一生懸命、頑張って、頑張ってやってきたのに、
なぜこんなことになるのか分かりませんでした。


「こうしなければいけない。」


「こうであるべきだ」


「●●するべきだ」

口癖のように言ってました。


自分に対しても


子供に対しても

 

満足することを知らず、いつも欲求ばかりで、

与えることができず、


でも、おせっかいで、自分のことを後回しにして人の世話ばかりして


犠牲感がたっぷりで、報われず、惨めでした

 

望んでいることも


求めていることも


自分の内側からではなく、

外からもらうものばかり、

ほめてもらったり


認めてもらったり、

必要とされたりすること。


少しでも、返事が元気よくかえってこないとか、
笑顔じゃないとか

そんな反応が来るともうグラグラと崩れるように

動揺してダメでした。

もう、嫌われたに違いない

とか、

すぐに思ってしまっていました。

 

だけどセッションを何回か受けることで、

自分だけが悪いのではなく。


善悪ではなく、

正しいか間違っているかではなく、

優劣ではなく


そんな判断基準が要らないことに気付きました。


そんなものに振り回されていることに気付きました。


そして、

どうすればいいのか、


自分の気持ちに正直な行動や態度、発言をして、

大丈夫なんだと


初めて分かりました。


やっと息が出来た気がします。


ありがとうございました

40代 大阪市 女性

傷ついた心をメンテナンスしたいなら→セッションの流れ


では、どのように子供と話せばいいのでしょうか?

コミュニケーションスキルを上げたい方は

↓↓↓