お茶会の体験談 <一度愛したからと一生責任を負う必要はない>

90日で新婚の時の

”当たり前だったラブラブ・コミュニケーション”を
逆算式の心理学で永続にする・・・

新婚感覚タイムワープ
魔法のパートナーシップ
コーチの由乃てるみ(よしのてるみ)です

 

 

 

今日のお茶会の体験談をいただきました

とても嬉しいですラブドキドキキラキラ

 

和田弘子さん(仮名)は

愛しているのかどうかも分からなくなり

だけど

わたしさえ我慢すればいいと思い

自分の感情にふたをしてきたけれど。。。

離婚したくないと思っていたけれど。。。

やっと自分の正直な気持ちに気付け

力強く自立できた瞬間でしたラブラブラブラブ

その体験談を読んでみてください

わたしは感動ですラブラブラブラブ

 

 

ピンクハートピンクハートピンクハートピンクハートピンクハートピンクハートピンクハートピンクハートピンクハートピンクハートピンクハートピンクハート

 

変わりたいけど変わるといろんなものを失うことになる。

夫への執着を失ってしまう。

一緒にいるモチベーションがなくなってしまう。

どこかでそんな高飛車?な不安があったことにきづきました。

私が成長するために必要だと思ってたけど、

今の私は成長より大事にされること、

平和でいることを求めていて、

そのために彼が重荷なんだと。

 

 

私がもっと素敵になれば、って言い訳を用意して、

本当に求めていたのは

彼に私が夢中になるくらい素敵な人になってほしい。

って思ってたみたいです。

無理ですよね(笑)

相手は変えられないのに。

 

自分が変わらなきゃって思ってるようで相手に変わってほしいと願ってて。

変わらなきゃと思う方向が定まった気がします。

 

 

 

私は彼に離婚を切り出されても大丈夫。

私はもう自らほっぺた差し出して叩いてくださいって言いません(笑)

離婚を切り出されたり、

責めるような口調で切られたり、

無視されたり、

バカにされたり

大切なものを否定されても

ふりまわされません。

 

サンドバッグもいらないし、

自分がサンドバッグになるのも拒否します。

 

 

 

 

もし嫌われても、

私は私を嫌いになりません。

自分を嫌いな人に執着しません。

自分を大切に扱ってくれる人を大切にするのは狡くも酷くもない。

自分を大切に扱ってくれない人を愛し続ける必要はない。
自分の心変わりを責める必要はない。

一度愛したからと一生責任を負う必要はない。

 

自分を好きな人、

一緒にいて幸せを感じる人、

居心地のいい場所を諦めなきゃいけない関係は

やはり歪んでいて、子供にまで不幸の種を撒いてしまう。
 

 

 

こんな気持ちでいます。
 

頂いた言葉や気付きを、

しばらく噛み締めて私の変化をみたいと思います。
 

また間違うかもしれませんが(笑)

しばらく私はどうする人なのか

少しはなれて見てみたいような変な感じです。
 

今日はまだうまく言えませんが、

今日がターニングポイントになるのは間違いない気がします。

 

今日は本当にありがとうございました。
 

さきほど頂いたメルマガを10回は読みました(笑)
 

すごく暖かいです。
 

何度も重ねてしまいますが
本当にありがとうございました‼(笑)
 

またお願いをする時が来るような気がします。

そのときまたどつぼにはまっているのではなく、

新たな一歩を決心していたいなと、おもいます。

そのときはまたよろしくお願いします‼

 

兵庫 和田弘子(仮名)

 

ピンクハートピンクハートピンクハートピンクハートピンクハートピンクハートピンクハートピンクハートピンクハートピンクハートピンクハートピンクハートピンクハート