【子育て】子供のために頑張りすぎてストレスが溜まってしまうあなたへ

干渉しすぎてそして怒ってしまう 

いつも、ちゃんと出来てるか気になって、

ついつい口出ししてしまう。

そして、失敗しないように。と

嫌な思いをさせないように。と

一生懸命に子供のためにしてあげる。

だけど、それが感謝されず、反抗的な態度をとられたとき、

つい、

「あなたのことを思ってのことよ」

「あなたの為に、こんなに頑張ってきたのに。」

「誰のためだと思ってるの?」

「全てはあなたのためよ」

とか

言ってしまったりしたとき。。。

 

それは、

子供のためだと思いながらも、結局は子供のためになってなかったりします。

もちろん、子供の為なんですが。。。

でも、子供のためにならず、成長を邪魔してる場合があります。

 


こけて、すり傷を作ったことで、

こけるとケガをする確率が高い。

ケガをすると痛い。

ことが分かるんですよね。

だから次からはこけないようにしようって自主的に警戒するようになるんですよね。

経験することで学ぶ。ってこういうことですよね。

嫌なことを経験せずに済むのが一番なんですが、

嫌なことがあるから良いことが分かるんですよね。

比較対象がいるんです。

比較することで分かるんです。

悪いことがあるから、正しいことが分かるんですよね。

白色の中に黒い点はすぐに分かりますが

全部黒色なら黒い点はわからないのと同じようなことです。

 

そして、失敗したりして、がっかりする。


だけど、成功させたくてもう一度チャレンジする。


そして、やってみたら成功する


このサイクルを経験すると


成功の法則が身につくことになると思います。


失敗が怖くなくなります。

結果よりチャレンジが楽しくなります。

 

取り返しのつかない失敗もあります。

ですが、それを避ける能力も身に着けれるといいですよね。

失敗することで、どのようなことを学び、
次回に役立てて、成長していくかは、

子供の個性となるところではないでしょうか?

私はそう、思っています。

なので、
もし、何か子供のためにしてあげたのに、

喜んでもらえず、つい怒ってしまったとき、

もしかして、しなくていいことをしたのかな?って

無理して頑張ってやりすぎたのかな?って

もう少し、リラックスしてもいいのかな?って

子供の自由にさせてあげてもいいかって

色んな事を思ってみてはいかがでしょうか?

すると、
少し、子育てのストレスも解消されると思います。

私のセッション、セミナーを受けると
大きく子育てのストレスが解消されます。
のびのびと子育てが出来るようになったり、
楽しんで子育てが出来るようになるでしょう。

子どもの気持ちが「わかる」コツ

こどもの気持ちを理解して、
子どもを伸ばす親になるコツがいっぱいです!

楽しい子育て、ステキな親子関係を作ってみませんか?